行列のできる不倫相談所

浮気調査の必要性

配偶者や婚約者が浮気をしているのが事実だとします。しかし、証拠もなく、浮気をしていると騒ぎ立てても逆に不利になるばかりです。なんで逆に不利になる。

と思われるかと思いますが貴方自身が浮気もしていないのに浮気していると決めつけられ、焼き餅を焼かれ、束縛される言動が続けば離婚や別れを考えたくなると思います。余り度を超すと離婚や婚約解消の正当な事由と認められます。相手が浮気をしているのに相手の思い通りに離婚や婚約解消が成立してしまう。そんな理不尽がまかり通ってしまいます。

浮気をしていると察知した時点が浮気調査の依頼時です。決して相手には察知されたと気付かれないように通常となんら変わらずに振る舞い、探偵事務所に浮気調査を依頼して下さい。相手は気付かれていないと思っていますから警戒心も薄く、浮気相手と平然と会って簡単に証拠を得る事が出来ます。

浮気の証拠が手に入った事でここからは自分主導で物事が勧められます。離婚を視野に入れて話し合う。一度は許すにしてもそれ相当の慰謝料を請求する。もちろん浮気相手にも慰謝料の請求は出来ます。離婚や婚約解消などに至る民事訴訟の場合、刑事事件同様にどれだけの証拠を提示出来るかにかかってきます。

メールの内容で「愛してる。また会いたい」的な文章では証拠とはなりません。また友人がホテルから出てくる姿を見たという証言も証拠にはなりません。探偵という第三者が時間経過を詳細に掌握し写真や動画でその行動を明確にしたものが証拠となるのです。

浮気調査の料金

探偵事務所や興信所に調査を依頼しようとする際に気になるのが料金です。これは依頼をする事務所によって千差万別ですが、基本的に10万円単位でかかると見ておいて間違いないでしょう。

具体的には調査の内容やその詳細によるのですが、調査員を1人あたり1時間1万円前後が相場のようです。ただしどの探偵事務所や興信所でも1人では調査は請け負いません。

だいたい2人ないし3人でチームを組んで調査あたりますので平均的概算は出るかと思います。しかし前述した様に各社、浮気調査の料金体系は千差万別です。1日6時間単位で設定しているところ。3日間でワンクールとしているところ。時間料金で設定しているところ。料金を決定する要素は探偵事務所の規模にも左右されます。

大々的に広告を出している会社は広告料の上乗せ分もあると思いますから比較的、高額なところが多いようです。また全て込み込みで料金を提示しているところもあれば、調査に掛かった実費を後日請求してくるところ、また終了した際に成功報酬を要求してくるところなど様々なものがあります。現在ではネットで事前に大体の見積を出してくれるところや、支払上限を設定できる事務所もありますので、本格的な調査を依頼する前に、よく比較検討することが必要です。